大学生の家出

大学生の家出が増えているそうだ。

「いい歳して家出か?中高のうちに済ませとけ!」とも思うが、自殺する奴もいるそうなので、あまりきついことは言えない。

きっかけは大きく2つ。

留年が決まってしまった時と就職口が見つからなかった時。

失恋した時とかじゃないらしい。

決まって親は地方在住で、子供は都市部に一人暮らし。

傍で見ていて恥ずかしいぐらい過保護だが、その割に子供のことをよく知らない親。

これが典型的なパターンらしい。

甘ったれた話とも思えるが、当人には深刻だ。

自殺の可能性が結構あるらしいので、こんなことになってしまったら、早めに探した方がいい。

家出人捜索が得意な探偵社を使う手もある。

少々お金はかかるが、素人が当てもなく仕事や家事の合間に探していたのでは埒が明かない。

このタイプの家出人は、心のどこかで発見されることを望んでいる。

だから意図して自分の足跡を消すようなことはしていない。

だから、別の場所で別の人間として生きていくことを目指す失踪人と違って比較的見つかりやすいとのこと。

取り返しのつかないことをする前に見つけて抱きしめてやってほしい。